連載ブログルバート代表のお役立ちブログ

おつかれさま!そして、新たな出会い探し。

ルバート代表の柗上です。

今年の初めにスタッフ募集を行い、その結果新たなスタッフとして入社してくれたのが根岸さん。今年の2月から、どんどんスキルと経験を積み重ねて、ルバートの新たな講座開発などにおいて重要な戦力となってくれました。不慣れな業務でも笑顔でチャレンジを重ねてくれたからそれだけの成長があったのだと思います。今までの苦労をバネに、とは彼のようなことを言うのだと思います。

彼がそんな中で、ルバートで学んだことを活かして次のチャレンジをしたいということで、めでたく卒業の運びとなりました。ぜひとも彼には活躍してもらいたいですし、卒業してもルバートの仲間として今後も私は付き合っていきたいと思っています。

私自身、今まで2回転職(モニターグループ→アライアンス・フォーラム財団→独立)しているのですが、二つの職場の同僚や先輩とはビジネス、プライベート共に付き合いが続いていて、ビジネスや生活にとっての大事な存在になっています。いまや転職は自分の世界を広げるために必須のものになってきているのではないでしょうか。

ということで、新たなスタッフを募集します。業務内容への興味やビジョンに共鳴する方なら、どんな方でも大歓迎です。パートタイムでの募集ですが、フルタイムを視野に入れた募集になります。例えば、育児がやや落ち着いて、フルタイムまでは現状厳しいけど、普通のバイトをするには少し物足りない、頭を使って業務に取り組みたいというような方などに向いているのではないかと思います。8月5日が締切です。

詳細はこちらに掲載しております。

【パートタイムスタッフ募集】ビジネス研修開発スタッフ

 

根岸さんの後任を募集するということで、彼に業務の様子を書いてもらいました。(後任さんというサイトのマネをしてみました。)

<現在のお仕事は?>
ビジネスコアスキルの新規講座開発に携わっています。
例えば、クライアントから新卒向けに議事録作成とロジカルシンキングの研修の依頼があれば議事録作成についての新規コンテンツを開発するといった具合です。
ストアカ、Peatix、Doorkeeper等における講座の広報、イベント後のブログ記事の執筆も担当しています。

<現在のお仕事の楽しいところはどこですか?>
自分のスキルの成長が実感できるところです。
入社した頃は細かい具体的な指示をいただいても長い時間をかけないと資料を作れなかったのですが、今は大まかな指示をいただければ時間をそれほどかけなくても一定のクオリティの資料を作成することができるようになりました。
教材コンテンツとして自分が作成したケーススタディーが、実際の講座や研修で使用されることになるので、受講者の生のフィードバックが得られるということに対してとてもやりがいを感じます。

<大変なところはどうですか?>
「ビジネスコアスキルを伝授する」と銘打っている以上、資料の作成はもちろん、仕事ぶり全般について厳しい目に晒されることは当然だと思っていましたし、プレッシャーを感じることもありました。
ただ、失敗すると非難されるとかそういう心配はありません。もちろんミスについては指摘されますが、それは「次によりよい仕事をするため」ということが感じられるので引きずったりはしませんでした。
ビジネスコアスキルを伝授するという会社の使命はもちろん大事ですが、スタッフ自身にも学びがあるということを許容してくれる懐の深さも同時に感じました。
チャレンジしたいという気持ちが強い人にはとてもやりがいのある仕事だと思います。

<どんなメンバーと一緒に働いていますか?>
代表をはじめスタッフ全員に「人が変わる」ということを信じて情熱を傾けるカルチャーが共有されているので、自然と「自分ももっとできるようになる」という確信の中で仕事に取り組むことができました。
少人数でアットホームな社風なので、スタッフ同士連れだって行くランチはとても楽しいです。同フロアにいる別会社の方とも交流があり、頂いたアイスを食べながら談笑することも時々ありました。
代表の柗上さんをはじめ、スタッフは熱いものを胸に宿しているのが感じられるので、自分にも沸々と湧いてくるものを日々感じることができます。

<後任さんに期待することは?>
汗と涙と血尿を流しながら外資コンサルで資料作成を身に着けた代表をはじめ、どこかで人生に真剣に迷い、自分の生き方に本気で取り組んできたメンバーとの出会いは、仕事のスキル以外にも多くの学びをもたらしてくれると思います。
スタッフたちに会ってみて、「自分の何かが変わる」という心の声が聴こえたら、どうぞ恐れずに飛び込んでみてください!

 

根岸さん、どうもお疲れさま!ありがとうございました!

Contact

お問い合わせ

研修、コンサルティングのご相談