ブログブログ

『AI×プレゼン資料』 ~AIによって変容する世界を生きるために必要なビジネススキルとは~セミナー開催レポート

2019年6月13日にTIME SHARING渋谷宇田川町にて『AI×プレゼン資料~AIによって変容する世界を生きるために必要なビジネススキルとは~』と題したセミナーを開催いたしました。


第一部では、外資系戦略コンサルティングファームで先輩コンサルタントから口頭伝承された「プロの資料作成スキル」の暗黙知の形式知化を試みるルバート代表松上純一郎が講演しました。

第二部は、AIによる魅力工学の研究でご活躍されている東京大学大学院情報理工学系研究科准教授博士(工学)山崎俊彦准教授を特別講師としてお迎えし、「経験・勘・センスを再現する魅力工学」についてご講演頂きました。

第三部では、松上氏から山崎氏へのインタビュー形式で「資料作成の未来とAI時代の自分のスキルの磨き方」について対談いたしました。

今回は、本セミナーのレポートのイントロ部分をお届けします。レポート全文はnoteで公開しておりますのでぜひご覧ください。

***

|人生100年時代には身に付けるスキルの多様化と習得のスピード化が必須に

まず第一部では、松上氏が「プレゼン資料作成スキルの形式知化」と題して、事例を用いて講演しました。

はじめに、松上氏は「人生100年時代」これからどういった「スキル」が必要になるかを説明します。これからの働き方としては、1社のみで60歳定年というのはほぼなくなっていくだろう。複数の組織で勤務し70代・80代まで働く時代になっていくのではないだろうかといいます。

その中で経済産業省が定義した、これから求められるスキルが紹介されました。

【OS】社会人としての基礎能力
・ キャリア意識・マインド
・ 社会人基礎力
【アプリ】業界などの特性に応じた能力
・ 専門スキル
・ 社内スキル

【アプリ】の部分は、絶えずアップデートすることが必要で、【OS】については、継続的にスピーディーに身に着けていく必要があるといいます。松上氏はこの中の「社会人基礎力(=3つの能力・12の能力要素)」を例に挙げ解説します。

続きはこちら (noteのページが開きます)

Contact

お問い合わせ

研修、コンサルティングのご相談