ブログブログ

資料作成の三つの要素

私が外資系コンサルで学んだ伝わる資料作成は三つの要素に集約されます。まず一つ目は「人を動かす」こと、そして二つ目は「一人歩きする」こと、そして三つ目は「早く作る」ことです。三つの要素について、それぞれ順を追って説明していきたいと思います。

まず、一つ目の要素である「人を動かす」について、ご説明します。私たちは、社内外で日々人を動かすことの連続であることにお気づきでしょうか。例えば、上司にアイデアや企画を提案して協力してもらう、部長を動かしてもらう、自分が上司なら部下に指示をして狙い通りに動いてもらう、同僚から意見やアドバイスをもらう、他部署の先輩に協力してもらう、こんなことも実は人を動かすことなのです。

つまり、私たちは仕事で常に人を動かすことに直面しているのです。一方で、どうしたら人を動かせるかということは誰も教えてくれないので、失敗を重ねてしまうのです。動かない上司、指示と異なる行動をする部下、見当違いな意見をくれる同僚...こういったことを避けるためにも、私たちは人を動かすことを学んでいく必要があり、それには「人を動かす資料」が必要不可欠なのです。次回は、「人を動かす資料」がどのようなものか、ご説明します。

Contact

お問い合わせ

研修、コンサルティングのご相談